2017秋冬のトレンドメイク~チーク&リップ編~

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は『2017秋冬のメイクポイント』をテーマに、
ヘアーメイクアップアーティストの池田寿賀子さんにお話を伺っています。

木曜日の今日は、“チークとリップ”について!

お顔の印象を明るくしたり、チークの色味や入れ方一つでイメージはガラッと変わります。
さて、今年の秋冬、チークの色は??

オレンジが主流!
・単色ではなく、2色使いがオススメ!

だそうです!
やはり日本人の肌質からオレンジはなじみが良く、夏に日焼けした肌にもピッタリ。
ただ、それぞれ肌の色は微妙に違うので、オレンジをのせた後に
ピンクのチークを上からのせる、など、2色使いをするとより自然に仕上がるのだそうです!
なるほどーー!!

そして、いつも私も悩むのが、“チークの入れ方”。

芸能人の方などを見ているとよくわかるのですが、ここ最近は目の真下に入れるなど、
かなり高い位置にチークを入れる傾向がありました。それが今年は、

・チークを入れる位置が、少し“下目”に変化
・“縦長に入れてぼかす”のが今年流!

お顔の形によっても変わってくるのですが、
丸顔の人はより縦長に、面長の人は下目に丸く入れると、今年っぽい感じになるようですね。

さて、仕上げの“リップ”。
春夏からの“赤リップブーム”はまだまだ継続!秋冬は“ボルドー”など、
深い赤色で遊び心を出してみるとオシャレに仕上がるそうです。
赤には抵抗が…という方も、グロスでつや感を出してあげると
自然に違和感なくつけられるそうですよ!

この秋は、ちょっと今までと違う色味にチャレンジしてみるのも
メイクを楽しむコツかも知れませんね。
さて明日は、オシャレなヘアースタイルについてお話を伺います!