きれいな姿勢もたるみ改善の一つ

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は“薫ヨガスタジオサロン”、顔ヨガインストラクターの
鶴田薫さんにお話を伺っています。
昨日は、表情筋を鍛える“顔ヨガ”についてお聞きしました。
お顔の筋肉を鍛えればもちろん、ハリが出てたるみは改善されると。
その他にも、お顔のたるみ改善につながるポイントが実はあるんです。

『足の裏からお顔は始まっている!』

つまり、全身の筋肉をバランスよく鍛える事で、さらにお顔は引きあがってくるのです。

最近はスマホやパソコンを使う機会も多く、猫背になりがちですよね。
姿勢が良くないと…
“体の筋力が弱い→インナーマッスルの働きが鈍くなる→呼吸が浅くなり頭がぼーっとする”
という悪循環に陥るそうです!

その他に身体のバランスを崩す理由として、
・噛み癖→どちらか一方で極端に噛む
・荷物の持ち癖→いつも決まった方の肩や手で持つ
など、生活習慣の中での自分の癖というのも、偏った姿勢を作ってしまうんですね~。
私も思い当たります…。

そもそも顔ヨガを考案された高津先生は、体のバランスを意識するあまり…
『髪の毛の分け目まで毎日と変えていたそう』!!この徹底ぶりにはあっぱれです!
さすがにそこまでは…(汗)
ただそれくらい左右のバランスを意識しましょう、という事なんでしょうね。

とにかく、“きれいな姿勢を保つこと!” これがお顔のたるみにも繋がります。

かかとに60%の割合で体重がかかっているのが正しい姿勢のとり方なんだそうです。
なので日頃から、“かかとへの意識”をちょっとだけ変えてみるだけでも、
キレイな姿勢を保つ第一歩になるかもしれません。

さて、いよいよ明日は『顔ヨガ実践編!!』
簡単にできる顔ヨガを教えていただきますよ~~!お楽しみに!