足の臭い・汗について研究!

皆さんこんにちは!
DHC『Lifestyle Council』研究員の井手美穂です。
そろそろお仕事に復帰…という方も多いかと思いますが、
今日は、夏は特に気になる足の臭いや汗のお話です!
今週お話を伺ったのは、フットセラピストの市野さおりさんです。

まず、足の裏にかく汗というのは、”精神性発汗”が多いそうで、
足の裏にすごく汗をかく方は、「緊張しやすい」と思っていれば良いそうで、
悪いことではないんだそうですよ。
気を使って頑張っている証拠。そう思うとちょっと安心しますね。

そして、ニオイ!
こちらはいろんな臭いによって対策がとれるとのことですので、
覚えておきたいところ!

・たんぱく質が発酵した臭い
ブルーチーズや納豆っぽい臭いを感じた場合は、不潔の印!
上手に洗えてないという証拠なんだそうです。

・アンモニア臭
むくみを放置しすぎたらアンモニア臭が出てくるのだとか。

・焼け焦げ臭
ゴムが焼け焦げたような、タイヤが擦れたような臭い。
こちらは、「言いたいことが言えない、やりたいことができていない」という、
不満を溜め込んでいる状態なのだとか。
もしこの臭いを感じた場合は、感情に基づいて出てきている臭いとのことですので、
ストレスの発散が必要。ご家族の靴下からこの臭いを感じたら、
話を聞いてあげると良さそうです。

・ゴムの臭い
こちらは、ゴムがたくさん集まった時の臭いに似ているそうですが、
「二面性がある」「二枚舌である」という状態なのだとか。
本音を隠している、本性は別のところにある…という方が多いそうなので、
市野さんは「もし好きな人からこの臭いがしたら
ちょっとお付き合いを考え直したほうが良いよ(笑)」とのことでした!ドキドキ。

・生乾きの臭い
こちらは体調の悪さが出ている臭い。大腸にトラブルがあるそうなので、
病院へ行ってお医者さんに診てもらったほうがいいかもしれません。

・甘いお砂糖の臭い
糖分の取りすぎ!甘いものの食べ過ぎで、臭いに出てくるんだそうですよ〜!

そして、市野さんが教えてくださった、足の洗い方のコツ!
ひとつ目は、殺菌作用のあるハンドソープで足の指・爪も合わせてしっかり洗う。
ふたつ目は、できればブラシを使う。(使わなくなった歯ブラシでOKです!)

意外とケアは簡単!
殺菌作用のあるハンドソープを使うというのは、私にとって新しい発見でした。
これですっきり綺麗な足の臭いになっちゃいましょう!

井手美穂