ワインの魅力を知ってキレイになろう!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。

ジメジメとした梅雨の季節、こんな時はお家の中で
ゆっくりしながら身体の中からキレイになりませんか?
今週は「美と健康の強い味方!身体の中からキレイになろう!ワインの秘密!」をテーマに、
世界で1000万部を売る大ヒットワイン漫画【神の雫】の原作者・亜樹直さんこと、
樹林伸さん、樹林ゆう子さんご姉弟にお話しを伺っていきます。

これだけ世界で愛されるワイン漫画を生み出したお2人!
お二人のワインとの出会い、目覚めたきっかけは何だったのでしょうか。
その答えはある1本のワインとの出会いだったそうです。
その1本とは、、、ブルゴーニュのグラン・クリュ

そのワインを飲んだ瞬間、扉が開いてしまったんですね。
タイミングと良い、華やかな香りがバーっと机にばらまかれて、、
凄くショックを受けた、とゆう子さん。
ワインってこんなに凄いんだ!と思ったそうで、
そのワインは今まで飲んできたワインとは全く違ったそう。

ワインにはベストなタイミングがあって、良い時に良いタイミングで良い仲間と飲む
そういうのが全てそろうと本当に凄いんですって。
そして開けてからグラスに注ぐ時間もタイミングが良かったと。
スロットマシンで言うと、バーっと星が並ぶようなそんなタイミングで飲めたこと。
そこから一気にワインの世界にドハマりしてしまったそうなんですね。
ピーク時にはお2人あわせて4000本ものワインを保有していたそう。凄い!!!

お2人のワインの世界の扉はその1本のワインから開かれたわけですが、
また次の扉が開く瞬間もあり、何度もそういう1本に出会っているんだとか。
その度に色んな扉が開いていって、ワインの世界がどんどん広がっていったんですね。

そんなお2人が感じているワインの魅力。それは、、、
ワインには物語がある」ということ。
単なる飲み物ではなく物語を秘めたワインというのは沢山あって、
それはけして高いものほど良いということではないそう。不思議ですよね。
ワインの中に詰まっている物語に耳を澄ませてみる。
そのストーリーを手繰り寄せるような、探していくようなことをしていくと
見えてくるものがあると言います。そしてそれは多分、全世界共通の感性!
ワインと会話する、対話して、コミュニケーションをとることが大切なんですね。
本当に生き物のようでビックリしましたが、
そういう意味でもとても奥が深いお酒だということが伝わってきました。

明日は、沢山あると言われている「ワインの効能」について伺いますよ。