スマホ、見つめすぎていませんか?
今週はアイケアについてお届けします!

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今やスマートフォンやパソコンは毎日の生活に欠かせないアイテムですよね。
私も仕事中や移動中など…気付けば1日に何時間も画面と向き合っています。

そこで気になるのが目が受けるダメージや影響、効果的なケア方法です!

ということで今週は【スマホ時代のアイケア】というテーマで
福岡市中央区、赤坂にあります「大原ちか眼科」の大原ちか院長にお話を伺います!

まずは、目の健康のために必要な栄養素について。

まず1番大切なのは【ビタミン】です。

ビタミンAは目を活性化させる働きがあります。
そしてその吸収のために欠かせないのがビタミンD。
ビタミンB群は目の緊張を和らげたり、視神経の働きを高めてくれます

ビタミンCとビタミンEは強力な抗酸化作用があるので、
細胞をダメージから守ってくれます。
免疫力アップやストレス予防、そして血行を促進する働きもありますよ!

これらのビタミンが不足すると眼精疲労の原因になったり、
ドライアイを発症してしまうことも…!

ビタミンといえば身体全体の調子を整えてくれる栄養素ですが
こんなに多くのビタミンが目に関わってくるとは思いませんでした。

一つ一つを意識すると大変ですが、色んな食べ物を別け隔てなく取り入れて
バランスの良い食事をとるように心がけましょう〜!

忙しくて食生活が乱れがち…なんて方は
サプリメントなどを上手に使って補給してくださいね。
ビタミン類のサプリメントは種類も豊富で、
複数のビタミンを1つにまとめた物も出ていますよ。

最近は疲れ目に効果のあるケアグッズも色々出ていますが、
疲れを感じる前に身体の中から対策、改善していけたらいいですよね。

大切な目のために栄養面から少しずつ意識してみてくださいね!

明日は「改善したい目の生活習慣」についてお話を伺います。
お楽しみに!

宮世真理子