髪質がピンチ!というときは「オイル」で☆

こんにちは!DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です。

今週のテーマは【冬のオシャレに、美髪ケア】
ご協力頂いたのは美髪アドバイザーの田村マナさんです!

今日は「髪質がピンチ!というときのケア方法」について。

お風呂のあと髪を乾かしながら、朝ヘアセットをしながら…
私の髪、何だかすごく傷んでる!!と感じたことはありませんか?
私はふとした瞬間に自分の毛先が目に入り、

そのパサつき具合にガッカリすることがよくあります…。

さて、そんな時にまず取り入れたいのが【オイル】です!
オイルは即効性があり、緊急ケアにピッタリなんだそう。
枝毛などのダメージを修復することはできませんが、ゴワつきやパサパサとした手触りの悪さを改善することが出来ます。

その使い方はなんと…「シャンプー前のオイルパック」!!
シャンプー前!?と私もビックリしてしまったのですが、
しっかりとオイルを髪に浸透させるためにはシャンプー前、

髪が乾いた状態で使用するのが効果的なんです。

使うのはツバキ油やオリーブオイル等の100%天然植物オイル。
まず、乾いた状態の髪をブラッシングして汚れを浮かしてからオイルをつけます。
髪が濡れた状態になるくらいたっぷりとつけて下さいね!
しっかり馴染ませたらピンで止めたりタオルを巻いたりしてまとめ、30分ほど置きます。
その後、洗い流していつも通りシャンプー・トリートメントで仕上げます。
放置の間にはお風呂に浸かったりできますし、とっても簡単ですよね!

オイルというとベッタリするイメージでたくさんつけるのは何だか抵抗がありますが、
シャンプー前なら思い切ってたっぷり使えますよね。

特に傷みが気になる方は、2~3回続けてやるととても効果があるそうですよ。
わたしもさっそくやってみたいと思います!

明日は「自分に合ったヘアケア用品の選び方」についてお話を伺います!

宮世真理子