お風呂のベストな温度は?半身浴or全身浴、どちらがいいの?

こんにちは!研究員の小山由貴子です。

今週のテーマは【正しい入浴でHealthy&Beauty!!】をお届けします。

昨日に引き続き、東京都市大学 早坂信哉教授にお話しを伺いました。

お風呂を入れる際、何気なく設定している「温度」には、ベストな温度というものがあるそうです。

それは40度まで!

というのも、42度以上になると血圧があがってしまいヒートショックを起こしてします。

ちょっとぬるいかな、と感じる温度に設定するのがベストなのですね。

温度が高いとどうなのか?

そうすると交感神経が活発になり、

結果として血圧が上がるため、身体に負担がかかってします。

寒くなる季節ですが、熱すぎると逆に疲れてしまう…なんてこともあるのですね。

お湯の量でも効果はかわっていきます。

基本は肩まで入る全身浴がおすすめです!

元気な方はしっかりと肩まで浸かる「全身浴」、心臓が弱いなど場合によっては「半身浴」をおすすめしているそうです。

幼いころ母に、肩まで浸かってね~と言われたことがありますが、大正解だったのですね!

それでは、今日の結論

入浴は、40度前後で全身浴がベスト!

寒いから熱いお湯に浸かって身体を温めるぞーと、温度を高くすると、

疲れも取れないし、逆に疲れてしまうとは驚きです!

ぬるめの温度でしっかりと肩まで浸かることが、健康には一番いいのですね。

明日は、この季節になると行きたいなぁ~と毎日思う、温泉の効果についてお話を伺います!

お楽しみに!!

小山由貴子