「ラメ入りのコントロールカラー」で、顔をパッと明るく!

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です!

今週のテーマは【ベースメイクで差をつけよう!】ということで

福岡美人塾」の山本みほ塾長にお話を伺っています。

ここまで、20代・30代と年代別にベースメイクのポイントをご紹介してきました。

そこで今日は、40代の方のベースメイクについてお聞きしました。

40代というと…乾燥、毛穴、たるみやシミなどたくさんのお悩みを抱えていたりします。

そこで大切なのが、筋肉を鍛えること!

口元の口輪筋を鍛えることで、他の筋肉も持ち上がり、お肌自体にもハリが出てきます。

化粧品でのカバーだけではなく、トラブルの元を改善するのも大切なんですね。

筋肉を刺激するEMS機能のついた美顔器も効果があるそうです。

自分へのご褒美に思い切って買ってみるのもいいかもしれません。

そして40代のお肌を魅力的に見せるアイテム「ラメ入りのコントロールカラー」!

キラキラしたコントロールカラーを目の下に逆三角形の形に入れることで

レフ板のような効果を発揮して、お顔全体をパッと明るく見せてくれるのです!

ラメやパール入りのコントロールカラーは色々出ているのですが、

ラメの粒子が大きいものはギラギラしすぎてしまうので注意です。

粒子が細かくて、さり気ないキラキラ感のあるものを選んで下さいね。

お顔が明るいと、その人の印象もとっても良く見えますよね!

私も使ってみたいテクニックだなと思いました。

それから、20代の方のポイントでも登場した「ファンデーションブラシ」

乾燥しがちなお肌にも薄く伸ばしやすく、ツヤ感のある肌を目指せます。

年代問わずおさえておきたい優秀なアイテムですね!

そして乾燥という点で注意しておきたい事、それは「唇の乾燥」です。

なんと放っておくと唇から口元全体が乾燥して

「梅干しのようなおばあちゃん口」につながるとのこと!

唇だってお肌の一部。

しっかりケアして、いつでもぷるぷるの唇を心がけましょう~!

明日は「これからの季節に向けてのベースメイクのコツ」を伺います!

お楽しみに♪

宮世真理子