ベースメイクで差をつけるには……「うぶ毛」がポイント!

こんにちは!DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です。

今週のテーマは【ベースメイクで差をつけよう!】ということで

「福岡 美人塾」塾長の山本みほさんにご協力頂いています。

さて、昨日はベースメイクとは何ぞや~?というお話でしたね。

今日は20代の方のベースメイクのポイントや注意点を詳しくお聞きしました!

まず山本さんが指摘していたのが、スキンケア不足

ちゃんと洗顔できていなかったり、反対に洗いすぎて乾燥していたり。

夜遊びや外食続きの生活で、若くても肌荒れしている女性が多いそうです。

そして20代といえば、ベースメイクよりもポイントメイクを意識しがちです。

もちろんポイントメイクも大切ですが…

そのぶん見落としがちなのが【お顔のうぶ毛】!

わかりやすい鼻の下のうぶ毛はちゃんと処理している方が多いと思うのですが

こめかみなど顔周りのうぶ毛、意識していますか?

自分では見落としがちですが、意外と人からは見られていたりするところ…。

うぶ毛を剃っておくとベースメイクの馴染みもよく、肌色も明るく見えます!

さり気なく垢ぬけた印象を作るポイントですね。

さらにベースメイクをワンランク上げるアイテムも教えて頂きました!

コントロールカラー」と「ファンデーションブラシ」です。

コントロールカラーはお肌の色味を調節してくれるアイテムです。

頬の赤みにはグリーン、クマなどのくすみにはオレンジなど、

問題点を色味でカバーすることで、ムラのない理想の肌に近づくことができます!

そしてファンデーションブラシ。

リキッドファンデーション、私は指とスポンジで伸ばしているのですが

ブラシだと量の微調整もしやすく、薄付きのナチュラル肌が作れるそうです。

私も使ってみたいと思いました!

基礎を怠らずに、効果的なアイテムを上手に使って、ナチュラル美肌を目指しましょう~!!

明日は30代の方のベースメイクのポイントをお聞きしますよ!

お楽しみに♪

宮世真理子