「正しいダイエットの4か条」とは!?

こんにちは!研究員の小山由貴子です。

今日は、『生活習慣によるダイエット』についてです!

先週に引き続き、「池袋さくらクリニック」の倉田大輔院長にお話を伺いました。

基本中の基本ですが、人はなぜ太ってしまうのでしょうか?

実はこれ……

「痩せにくい身体を作ってしまう悪循環」が原因なんです!

食事を抜いたり不規則になったり、偏った内容の食事を続けると

本来必要な栄養バランスが崩れて、人間の身体は「飢餓状態」に陥ってしまいます。

すると身体は「省エネモード」になり、栄養素を積極的に消費しなくなります。

しかもそのまま普段通りの食事に戻ると、身体は次の飢餓状態に備えて、

脂肪(栄養分)を蓄えてしまうのです。

また「太っちゃった…早く痩せたい!」と急激なダイエットをして

肌がカサついたり、ひどい場合は生理が来ない、なんてことがあります。

これは身体に無理な負担をかけたことにより、

ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下、平熱の低下などを招いた結果なのです。

すると基礎代謝の量が下がってしまうので、この場合も痩せにくい身体になるのです。

間違ったダイエットは、逆効果なんですね。

では、痩せるための食事制限や運動について、気をつけるべき生活習慣とはなにか?

倉田院長に4か条をあげていただきました。

1.正しい姿勢で深い呼吸を意識し、基礎代謝を高めること!

2.シャワーよりもお風呂に入ること!

3.食事は朝・昼・晩と三食の比率を気にすること!

4.睡眠不足はダイエットの敵!

シャワーだけで終わらせてしまう、朝ごはんを抜く……

わたしにも当てはまることがたくさんあります。

まずは、きちんと正しい生活を送ることが大切ということですね。

それでは、今日の結論です!

『無理せず、正しく、飢餓状態には陥らない!』

ダイエットは、身体に負担を掛けず、正しい生活習慣を身につけることが

とっても大事なのです。

わたしも頑張ります!!

明日は、「食事によるダイエット」について、詳しく教えて頂きます。

お楽しみに!

小山 由貴子