上手な塩の使い方

DHC Lifestyle Council、研究員の吉田紗綾です。
今週は毎日の料理に欠かせない【塩】に注目!
科学する料理研究家、さわけんさんにお話をお伺いしています。

今日は【上手な塩の使い方】色々教えていただきました。

家には1種類の塩しか置いていない!というアナタ。
用途に合わせて塩を使い分けた方がいいのか、気になりませんか?

さわけんさんは「好みの塩を使えば良い」と一言!
種類、大きさ、製法などいろいろあるけど、
美味しいと思うものを選んでみて!
色んな塩を知って、自分好みの塩を見つけてみてください。
とおっしゃっていました。

用途別の塩の使い方を教えていただきました。

「食欲を刺激する」には?

ハーブやスパイスなどが入ったシーズニングソルトを
使ってみると良いそうです。
赤身肉には旨味成分を調合したミート・ラブ(RUBS)がおすすめ!

「食材の旨味を引き立たせる」には?

さわけんさん曰く、塩味が入ると食材の味は引き立つんだそう。
またマグネシウム=にがりの量でコクも増すので、
鶏肉などを漬け込むときは、
にがりの多い塩を選ぶと良いんだそうです。

「食卓を華やかにしたい時」は?

塩の結晶も様々で、雪の結晶のような形の塩、
薄くてサクっと歯ごたえのある塩などがあるそう。
サラダや冷や奴にフレークソルトをかけて食べると、
見た目も華やかに演出できるそうですよ。
色のついた岩塩などもおすすめ!

用途によって塩を使い分けるのも楽しそうですね。
アナタもぜひお好みの塩、見つけてみてください。

吉田紗綾