正しいストレッチの方法

DHC Lifestyle Council、研究員の井手美穂です。

気温が上がり、ずいぶん暑い日が増えてきました。
積極的に運動をしたいと思っているけど、
何をすればいいか迷っているという人も多いかもしれません。

今週は【正しいストレッチのやり方を覚えよう!】

東京・二子玉川にある股関節ストレッチスタジオ、
Natural Movementの代表、筋肉デザイナーの
藤本陽平さんにお話を伺っていきます。

ストレッチは「筋肉を伸ばす」そして「関節を広げる」
というねらいがあります。

人間の体は動き過ぎても、逆に動かなすぎても、
筋肉が固くなる性質があるんだそう。
一日全然運動をしなくても筋肉は固くなってしまうし、
たくさん運動しても疲労で固くなってしまうのだとか。

ですのでストレッチを習慣にして、
筋肉を柔らかくしてあげる必要があるんですね。

ストレッチで大切なのは「縮んでいるところを伸ばすこと」

ただ単に伸ばすのではなく、どの筋肉が萎縮しているのかを
意識して伸ばしてあげることが大事!
そして体のどの部位の筋肉が縮んでいるのか、すぐに分かるもの
ではないので、ストレッチを習慣にすることが大事なんです。

ストレッチをやるほど、自分の身体のことがわかってくる!
逆に意識をしていないと、自分の体の疲労に対しても
鈍くなってしまうということ。

藤本さんは「ストレッチはとにかく習慣にすることが大切!
最初の3週間は宿題だと思ってやり続けるのがいい。
3週間続けると自然と習慣になっていて、やらずにはいられなく
なりますよ~」とおっしゃっていました。

今週はストレッチの魅力についても知ることができそうです。
明日は「ストレッチの種類」について伺います。

井手美穂