美しい歩き方を学ぼう!

DHC Lifestyle Council 、研究員の柳原亜希子です。

3月に入りいよいよ来月からは新年度!新しい環境で生活をスタートされる方も多いのではないでしょうか。職場や学校で「初めまして!」という機会も多くなりますよね。

そんな時「この人何だか素敵!」という好印象を与える事ができれば、その後の関係も築きやすくなるかもしれません。

今週は『美しい歩き方を学ぼう!』というテーマで、日本姿勢改善ウォーキング協会・代表理事で、骨盤腸整ウォーキングを考案した山崎美歩呼さんにお話を伺っていきます。

山崎さんが考案された「骨盤腸整ウォーキング」

調整の「調」の漢字が「腸」になっている所が気になります。

骨盤腸整ウォーキングは、猫背・O脚・ぽっこりお腹を改善してくれるというもの。

猫背になると肋骨の動きを制限してしまい、呼吸が浅くなったり、心臓の動きを悪くしてしまいます。本来だったらもっと上にあるべき内臓たちが、重力で下に下がり、それがぽっこりお腹の原因になるんだとか。

そして下がってきた内臓を待ち構えているのが「骨盤」。その骨盤が歪むと腸も元気ではなくなるんですね。

最近は"腸活"をしているという方も多いですが、いくら腸を元気にしようと食事に気をつかっても、骨盤が歪んでいるとせっかく取り入れた栄養もうまく吸収できないんだそう…なるほど~。

山崎さんは「各部位に分けて、本来ある位置に戻すべく教育をし直していく!」という事で、身体全体のエクササイズや骨盤の歪みを調整するエクササイズを取り入れています。

特に私たちの課題になる部分が「背中」

山崎さん曰く、後ろから見た時に年齢が一番出やすいのが「背中」なんですって!

確かに、背中側、後ろ姿は意外と気にしてないかもしれません。

山崎さん考案の骨盤腸整ウォーキングは、背中周りの筋肉をまんべんなく使いながら美しい歩き方を入れ込んでいもの。これは試してみる価値「大」ですね。

明日は「残念な歩き方」について伺っていきます。

あなたの歩き方、大丈夫ですか???

柳原亜希子