唾液を増やそう!

こんにちは!DHCLifestyleCouncil研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【唾液のチカラ】

あやクリニック歯科・皮ふ科、吉田亜矢先生にお話を伺っています。

ドライマウスを防ぐために、唾液を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは水分補給!

体の中にしっかりと水分を摂り入れることが大切です。
一度にたくさん飲むよりも、こまめな水分補給がいいとのこと。

また、食事のときにたくさん噛むことも大切です。
しっかり咀嚼することによって、刺激性の唾液が出やすくなります。
噛む回数を増やすような歯ごたえのあるもの、繊維のある野菜、
酸っぱいものなど、味にアクセントのあるものを取り入れるのが効果的です。

そして日常生活の中で大切なのは、リラックスすること。
ストレスを感じると交感神経の働きで唾液が出にくくなってしまいます。
なるべくストレスをかけない、リラックスできる生活を心がけてくださいね。

反対に唾液を減らしてしまう要因になるのは、アルコール、カフェイン、タバコなど。

アルコールは過剰に摂ると、脱水を引き起こして唾液も減ってしまうかもしれません。
タバコはニコチンによって唾液の分泌量が落ちるといわれているそう。

カフェインも過剰に摂ってしまうと交感神経が働いて、
唾液が出にくくなってしまう場合があります。
普段のコーヒー程度は問題ないそうですが、エナジードリンクなど、
カフェインの多いものは飲みすぎに注意してくださいね。

そして部屋の乾燥空調の効かせすぎも要注意!

体の表面から常に水分が蒸発してしまう状態になります。
体から水分が減ると唾液の分泌も減ってしまいます。
口の乾きって、口だけの問題ではなく、体全体の水分量にも関わってくるんですよ~。

「口が渇いている!どうにかしたい!」と思ったときは、
水を飲む、ガムを噛むなどを心がけてください。
ただ甘いジュースや飴などは口の中をベタつかせてしまうので注意しましょう。

明日は唾液を出すのに効果的な「唾液腺マッサージ」を教えていただきます。
お楽しみに!

宮世真理子