唾液の働きいろいろ!

こんにちは!DHCLifestyleCouncil研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【唾液のチカラ】

あやクリニック歯科・皮ふ科、吉田亜矢先生にお話を伺っています。

口の中の状態を良くしたり、体の健康を保つために大切な働きをしている唾液。
今日は唾液の働きについて詳しくお聞きしました。

①消化を助ける働き

唾液に含まれるアミラーゼという酵素が食べ物に含まれるでんぷんを分解し、
胃で消化されやすい状態にしてくれます。

②口の清潔さを保つ働き

口の中の食べかすなどを洗い流し、口の中をキレイにして虫歯や口臭を防いでくれます。

③食べ物の味を感じやすくする

舌には味を感じる「味蕾」という器官があります。
唾液が味の物質を味蕾に運ぶことで、食べ物の味を感じることができるんだそう。

④食べ物を飲み込みやすくする

かたいものやパサパサしたものでも、唾液と混ざることで飲み込みやすくなります。

⑤口の中の粘膜を保護する

唾液が口の中の粘膜全体を覆って保湿し、また唾液に含まれるムチンという成分が
粘膜を刺激から保護してくれます。

⑥歯の健康を保つ

唾液に含まれるカルシウムやリンなどは、
歯の再石灰化を促して虫歯になりにくくしてくれます。
また、食べ物によって口の中のphが酸性に傾くのを防いでくれます。

⑦全身の健康を保つ

口から入ってくる細菌の増殖を防ぐ抗菌作用があります。
またがんの原因にもなる活性酸素の減少なども報告されているそう。

口の中をキレイにするだけではなく、食べ物の消化や体全体の健康にも関わってくる唾液。
味覚にも関係があるのは驚きました!
食事を美味しく食べるためにも大切なんですね。

これだけ幅広い働きをしているので、唾液が減るといろんな影響が考えられます。

唾液が減ってしまうことで、口の中の清潔さが失われることになり、
それによって虫歯歯周病、そして口臭の原因になることも。

また粘膜を保護する作用や抗菌作用が弱まると菌が入り込みやすくなり、
風邪をひきやすくなる可能性もあります。

さらに食べ物が飲み込みにくくなることによる誤嚥や、細菌の増殖した唾液を
誤嚥してしまうことで、誤嚥性肺炎などの危険もあるそう。

それから驚きなのがカビ!
口の中には「カンジタ菌」というカビの仲間の真菌がいます。
常在菌なので生息していることに問題はないのですが、唾液の力が弱まり、
菌が増殖しすぎてしまうとカンジタ症を引き起こすこともあるそうです!

虫歯や口臭の原因になるというのはなんとなく知っていましたが、
こんなに色んなところに影響があるんですね~、知らなかった。

唾液が減ってしまう原因とはなんなんでしょう?
また唾液が少ないかどうか、どう判断したらいいのでしょう?
そのあたり、明日詳しくお伺いします。

宮世真理子