パーソナルカラーについて

DHC Lifestyle Council、ナビゲーターの竹仲絵里です。

今週は先週に引き続き、カラーアナリストの竹内洋子さんをお迎えして、
「色に関する話アレコレ」、お伺いしています。

先週のお話でも興味深かったパーソナルカラー

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌の色や髪の色、血色の出方
など、雰囲気が調和した色(似合う色)の事を言います。
色だけではなく、素材や雰囲気、イメージなど全体を見る事が大切なんだそう。

パーソナルカラーを知る事で、第一印象を素敵なものにできたり、
ファッションやメイクに生かすこともできるので、
自分に自信を持つ事ができるメリットもあるんだそうです。

ちなみにパーソナルカラーは一生変わる事がないので、
一度診断してもらうと一生モノ!!だそう。

パーソナルカラーは大きく分けて4つあります。

イエローベースで可愛らしい色の似合う「スプリング」

ブルーベースで優しい色の似合う「サマー」

イエローベースで落ち着いた色が似合う「オータム」

ブルーベースでコントラストの強い色が似合う「ウィンター」

四季の名前がついていますが、これはあだ名のようなもので、
実際の季節やイメージとは関係ありません。

人は皆このどれかに属していて、それぞれ似合う色や素材が違うということなんです。
ファッションやメイクを選ぶ時に参考にすると良いですね。

パーソナルカラーの見分け方ですが、
お話を伺った竹内さんオリジナルの見分け方を教えて頂きました。

片方の人差し指の先を、反対の指でギュッと絞るように押してみましょう。
するとちょっと鬱血して赤くなるのですが、
その赤い色がオレンジっぽいのか、ベリー系なのかで判断します。

オレンジ系だと「イエローベース」ベリー系だと「ブルーベース」、
一人ではなかなか判断できないので、数人で一緒にやってみるといいそうでよ。

ちなみに私は、おそらく、、、イエローベースかと。

明日は「モテ女子の色の選び方」を教えていただきましょう!
お楽しみに。

竹仲絵里