色にまつわるお話

DHC Lifestyle Council、ナビゲーターの竹仲絵里です。
今週は先週に引き続き【色】のお話いろいろ!
カラーアナリストの竹内洋子さんにお話を伺っていきます。

カラーセラピーとは「色が直接脳を刺激することを利用したカウンセリングのようなもの」

好きな色を選び、効果的な色彩を生活に取り入れることによって心や身体を元気にし、
前向きな気持ちにしてくれるものなんだそうです。
つまり脳科学を利用した癒し!なんですね**

脳が今、欲している色を分析していくことによって、自分がどんな性格なのか、
どんな問題点を感じているのか、などを客観的に分析出来るんだそう。

自分でも気づいていなかった自分自身を知る事が出来るなんて、面白いですねー!

これには色彩と自律神経が関係していて、色によって交感神経、副交感神経を刺激しながら、
気持ちを前向きにしたり、クールダウンさせたりも出来るんだそうです。

色にはそれぞれ特徴があります。

赤、オレンジ、黄色などの暖色系は、元気で前向き!能動的なイメージであるのに対して、
青や紫などの寒色系は、受け入れる、抑制する、神秘的など受動的なイメージ。

ちなみに白と黒は、色の仲間ではなく、明るさのスケールとして分けられ「無彩色」と呼ばれるんだそう。

は見た目、ピュアなイメージがありますが、その特徴としては、
「完璧主義」「プライド」「自信家」などのイメージがあるんだとか。

反対に「反抗心」「自信の無さ」「隠す」などのイメージがあるんだそうです。

私の印象では正反対のイメージを持っていたので、これは意外でした。
色の不思議、まだまだ興味深いですね。

明日は先週も少しお話を伺った「パーソナルカラー」について、
改めてお話を伺っていきます。

竹仲絵里