パーソナルカラーとは!?

DHC Lifestyle Council 研究員の吉田紗綾です。
今週のテーマは『カラーセラピーを学んでみよう!』
カラーアナリストの竹内洋子さんにお話を伺っています。

今日は『パーソナルカラー』のお話。

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌の色や髪の色、血色の出方など、
全体的な雰囲気が調和した色(似合う色)のこと。また、色だけでなく、
素材・雰囲気・イメージ全体を見ることをパーソナル診断というそうです。

パーソナルカラーを知るメリット、それはズバリ、第一印象を素敵なものに出来る!
そしてそれが自信にもつながってくる!

本当に似合う色のファッションが分かると、自分のプロモーションの仕方を
より理解することができますからね。自分に似合う色を知ることって大事なのかも。

パーソナルカラーには大きくわけて4種類あります。

人の持つ色素は「黄みを帯びたイエローベース」「青みを帯びたブルーベース」
2種類があり、さらにそれを 4 つの色調域グループに分けたものがパーソナルカラー。

それぞれに四季の名前がついていますが、これはあだ名のような物で、
春らしい、夏らしい・・・ということではないそうです。

「スプリング」は、イエローベースの軽く可愛らしく、華やかな色調

「サマー」はブルーベースのフェミニンで優しい色調

「オータム」は、イエローベースの深く大人っぽいシックな色調

「ウィンター」は、ブルーベースのシャープでモダンな色調

気になる、パーソナルカラーの見分け方について教えていただきました。
竹内さんのオススメは、左手の指先を右手の親指と人差し指でギュ~っと押してみる方法。

ギュッと押すと、血液が集まって指先が赤くなってきます。
その赤い色がオレンジっぽいのか、ベリー系なのかで判断できるんだそう。
この色がオレンジ系だと「イエローベース」、ベリー系だと「ブルーベース」だといえます。

一人ではなかなか判断できないので、何人かで比べながらやってみるといいそうです。

私はイエローベースだろうと思っていたのですが、実際に私と竹仲絵里さんと、
プロデューサーの3人で比べてみたところ、実はブルーベースだということが判明!
絵里さんとプロデューサーはイエローベースかな?という感じでした。
比べてみると、本当にそれぞれ違っていてビックリ!

自分の思っていたパーソナルカラーとは違っていたので、
これからのファッションやメイクの色の選び方を見直すべきなのかもしれません。

明日は、パーソナルカラーを取り入れたファッションや
メイクのポイントについてお聞きします。お楽しみに♪

吉田紗綾