素敵な目元の作り方

みなさんこんにちは。
DHC Lifestyle Council研究員の吉田紗綾です。
猛暑の8月も終わり、少しずつ秋の陽気が見え隠れしていますね。
今週のテーマは「素敵な目元の作り方」
目元プロデューサーの垣内綾子さんにお話を伺いました。

垣内さんにお会いして最初に目が行ったのは、やはりパッチリとした素敵な目元!
まつげエクステサロンを経営している垣内さんは、
これまで一万人以上のお客様を診断してきたそうです。

良い第一印象のためにも、目元はとっても大事ですよね。
でも目元の悩みは尽きません。

目元の悩みは、大きく分けて4つ。
「シワ」「たるみ」「クマ」「メイクの時パンダ目になる」などが挙げられるそうです。

どうしてこんなに悩みが多いのかというと、目元の皮膚の特徴に理由があります。
目元は顔の中でも一番皮膚が薄いといわれていて、他の皮膚の3分の1程度。
とてもデリケートなパーツなので、紫外線のダメージや、
メイクを落とすときの摩擦のダメージを受けやすいんですね。

気になる目元のケアにはどんな方法があるのでしょうか。
目元のケアというと、アイクリームを想像する方が多いと思いますが、
小じわの原因は、ズバリ「乾燥」
まずは目元にたっぷりと化粧水を入れ、保湿をすることが大事。

そのときにやってほしいのが「指パック」です。
化粧水をつけるとき、パシャパシャと大雑把につけていませんか?
目元には細かい凹凸があるので、そのくぼみに指をぴったりと合わせ、
10秒くらいまぶたの上、まぶたの下に化粧水をしみこませていきましょう。
そのあとアイクリームで蓋をする感じ。
そうすると、もっちりふっくらなって、シワの改善につながります。

乾燥を防ぐため、しっかり保湿!
指パックで細かい凹凸にも化粧水を入れてあげてくださいね。

吉田紗綾