知識をつけて賢いマネープランを!

こんにちは!DHCLifestyleCouncil研究員の宮世真理子です。
今回のテーマは「大人女子のマネープラン」
お金の専門家・横川楓さんにお話を伺ってきました。

リアルなお金事情…
一昔前は女性は結婚したら家庭に入って子供を育てる!
というのが一般的でしたが、今は女性のライフスタイルも様々。
マネープランの違いはどんなところにあるのでしょうか?

今は結婚しても共働きの家庭が増えていて、世帯収入自体は増えている家庭も多いようです。
ただ、女性は妊娠出産となると産休育休で収入が減ったり、
キャリアがストップしてしまったり…ということも。
一方、結婚や出産をしていない女性の場合は、キャリアが積めることが多く、
経済的な余裕があり、マンション購入や老後に備える…という方が多いそうです。

お金事情といえば、毎月の出費の中で大きいのは「家賃」ですよね。
賃貸なのか購入なのか、どちらが得?

横川さんの意見としては、賃貸の方がおすすめとのこと。
賃貸であれば何かあった時にすぐ引っ越すことができます。
例えば今より収入が下がってしまうことがあれば、
家賃の低いところに引っ越すこともできますが、
購入してしまうとローンの金額を下げることはできません。

売るという選択肢もありますが、修繕費などがかかってくるので、
お金に余裕があるという場合以外は、賃貸で考えたほうが安全とのことでした。

収入が少ない、少子化問題、年金問題など色々考えてしまうことはありますが、
少しずつでも出来ることはあるんだなと、一週間を通して感じました。
一番危険なのは「知らない」ということなんですよね。
貯蓄、資産運用、投資など知識をつけ、便利なものはどんどん活用して、
賢くお金を使っていきたいですね。

宮世真理子