スクワットの代わりはこれ!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週のテーマは【健康力が上がる生き方】
「健康マニア、何が楽しい」の著者で、オックスフォード大学・
医学博士の新見正則さんにお話を伺っています。

今日まず伺ったのは「血圧」について。
血圧は下げすぎも上げすぎも良くありません。
人によって高い方が良い人も、やや低い方が良い人もいますよね。
年齢ごとに血圧の基準値なども発表されていますが、これはあくまで参考程度。
あまりその数字に一喜一憂する必要はなく、主治医の先生と相談して
「自分の良い血圧」を決めましょう。

そして血圧よりも大事なのが「脈拍」なんだそうです。
脈は基本的に低い方が健康。勿論、速くなっても良いんですが、
運動などの負荷が無くなった時には、ヒューっと元に戻るのが健康な脈。
なので、日ごろの健康な時の脈拍数を知っておくことが大切なんですね。

また下半身を鍛えるために有効的なスクワットですが、
わざわざスクワットをしなくてもある物で代用できるそう…
それが「和式トイレ」!!!

確かにスクワットと似た格好になりますよね。
昔は和式トイレで老いが分かったそうです。
和式トイレは週に1回は入った方が良い!自分の健康力を確認できる!と新見さん。
ご自宅のトイレは洋式が多くなってきましたが、
外出先などは積極的に「和式トイレ」を選びましょう。

そして「認知症」について。
認知症予防に効果的なのはズバリ「井戸端会議」!
人と話をして「アウトプットをすること」なんです。
本を読んだりラジオを聴いたり「インプット」だけではだめで、
仲間との楽しいおしゃべりが、認知症予防に効果があると言われているそうです。
普段から楽しんでアウトプットをする習慣を身につけていきましょうね。

柴田幸子