口腔ケアでさわやかな新年度を迎えよう!

みなさんこんにちは!DHC Lifestyle Council、研究員の吉田紗綾です♪
今週は『新年度を前に、口腔ケアをしよう!』というテーマで、
あやクリニック歯科・皮膚科吉田亜矢先生に、ブラッシングの仕方、
歯石、口臭、ホワイトニングについて教えていただきました。

キシリトールってよく聞きますが、いったい何のこと?
キシリトールとは、樺の木から抽出される糖アルコールの甘味料です。
甘みがあるのですが、キシリトールは虫歯の原因になる〔酸〕に変化しない、
つまり虫歯の原因にならないんだそうです。
キシリトール入りのガムを噛むことで唾液が分泌されますよね。
唾液の分泌も虫歯予防に繋がります。

では「口腔ケア」のおさらい!
毎日のブラッシング。歯ブラシは柔らかめを選び、歯に対して45度、
小刻みに磨いていきましょう。歯磨き粉も研磨剤の少ない物を選んでみて!

ベタベタの歯垢をそのままにしていると、硬くザラザラした歯石に変化します。
歯石は自分では落とすことができないので、毎日の丁寧な歯磨きを心がけて下さい。
それでも歯石になった時は、クリニックでクリーニングしてもらいましょう。
ザラザラからツルツルへ♪

そして、口臭対策には舌のケアが大切です。毎日柔らかい歯ブラシで、
舌を3回ほど優しくなでるようにこすってみましょう。口臭予防になりますよ。

最後に吉田先生から、驚きの事実をお聞きしました。
なんと【歯ブラシの寿命は、一ヶ月!!!!!】
恥ずかしながら私、半年くらい使っていました。。。
毛先が開いたら交換しますが、一ヶ月ではまだまだ使える気がしますよね。
ですが吉田先生によると、一ヶ月使った歯ブラシには、
毛の一本一本に細菌がウジャウジャいるんだそうです(>人<;)
何ヶ月も同じハブラシを使っているというアナタ!
新年度を迎える前に、新しい歯ブラシを準備しましょう!

第一印象はとっても大切。
新たな環境を迎える前に、改めてお口のケア、見直してみてくださいね♪

吉田紗綾