阿蘇さとう農園、そして農業のこれから

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です。
今週は『阿蘇タカナードに注目!』というテーマで、
阿蘇高菜を使って作られた熊本の特産品 “阿蘇タカナード” について、
また阿蘇タカナードを作っている阿蘇さとう農園の代表、
佐藤智香さんの仕事や生き方についてお話を伺ってきました。

今日は、佐藤さんにこれからの活動について伺いました。
阿蘇さとう農園では30代女性の方々と一緒にお仕事をされているそうなんですが、
その方たちと話をする中で、結婚して子育てしながら働くことができる職場が
まだまだ少ないということを感じたのだとか。
それを受けて、佐藤さんは農業の人口を増やすことも、
女性が働きやすい環境を整えることも目指していきたいと考えているそうです。

そして、農業人口自体を増やすためにも、
農業の労働環境を考え直したり、
若い世代が入りやすい環境を作るための活動もされているのだとか。

一週間、佐藤さんのお話を伺ってきて、
阿蘇タカナードの商品の魅力や、作り手の思い、
ものづくりをすることや、仕事をどんな場所でどんな環境でやっていくのか…
私自身もいろんなことを当てはめながら考える機会となりました。

これからどんな人生を、どんなことをしながら過ごすのか…
時々少し立ち止まって考えるのは素敵な時間かもしれませんね。

「阿蘇タカナード」阿蘇さとう農園のホームページから購入することができます。
ぜひ一度、味わってみてください。

井手美穂