阿蘇タカナードができるまで

こんにちは〜♪
DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です。
今週は、阿蘇タカナードを作っている阿蘇さとう農園
代表の佐藤智香さんにお話を伺っています!
今日は、阿蘇タカナードができるまでのお話。

佐藤さんが阿蘇高菜から阿蘇タカナードを作ろうと思ったきっかけは、
テレビ番組だったのだとか!
夕飯時に何気なく見ていたテレビ番組で、
“からし菜の種からマスタードを作る”という特集をしていたそうです。
そのからし菜の種が、阿蘇高菜の種に似ていたことから、
「この種でも、マスタードができるかも!?」とチャレンジしてみました。

そこから製品化まで試行錯誤を繰り返し、
商品を販売する軌道に乗ったことにもきっかけが!
それは、地元のソーセージ店の方のお声がけだったそうです。
「うちの店で試験販売してみたら?」ということから、
ソーセージとも相性がいい阿蘇タカナードが売られることになりました。

地元、熊本の素材で作った阿蘇タカナードが、
これまた地元のソーセージや地元の野菜などと一緒に楽しめるのは嬉しいですよね。
佐藤さんは、阿蘇タカナードをおでん白身魚の刺身
馬刺しと一緒に食べるのもオススメだとおっしゃってましたよ〜!
私も、熊本に行った時の楽しみがまたひとつ増えました♪

井手美穂