美しくなるための料理の基礎①「食材の選び方」

DHC Lifestyle Council 研究員の吉田紗綾です。
今週のテーマは『美しさは健康から!食事は楽しみながら!』
インナービューティーダイエットアドバイザー上松典子さんにお話を伺っています。

今日は栄養をバランス良く取るための第一歩、
「美しくなるための料理の基礎」を教えて頂きました。

ズバリポイントは3つ!
その1「食材の選び方」
その2「調理の方法」
その3「食事の仕方」

「食材の選び方」のポイントは、
昨日も紹介した五大栄養素「タンパク質」「脂質」「糖質(炭水化物)」
「ビタミン」
「ミネラル」がしっかり含まれた食材を選ぶこと!
日本人女性は特にタンパク質と鉄分が不足しがちということなので、
意識して摂るように心がけましょう。

タンパク質には、肉などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質があります。
日本人はもともと農耕民族。
肉より植物から摂取する方が体には合っているんだとか。
また肉は分解する時に腎臓に負担がかかってしまうそうです。
血流が悪くなったり、最悪の場合、腎臓透析が必要になる可能性もあるので、
肉は適度に摂りつつ、大豆など植物性のタンパク質を摂取するよう心がけましょう。

鉄分はレバーや赤身肉、大豆やプルーンに豊富に含まれています。
鉄分が不足すると、貧血や生理不順など、女性を悩ます症状につながります。

また腸を整える上で、発酵食品も意識して摂るようにしましょう。
腸は『第二の脳』と言われるほど大切な臓器!
腸が不調だと排泄がうまくいかず、便秘につながることも。
そうなるとお肌の調子にも影響が出てきてしまいますよね。
ヨーグルトや味噌など発酵食品で腸を整えていきたいですね。

明日は「美しくなるための料理の基礎」ポイントその2
「調理の方法」について詳しく伺っていきます♪

吉田紗綾