赤ちゃんから大人まで大事な「保湿」

みなさんこんにちは!
『DHC Lifestyle Council』研究員の井手美穂です!
今週のテーマは『乾燥に負けない肌作り』
今日は、めぐろ皮膚科クリニック深野祐子院長にお伺いした、
年齢による保湿ケアのポイントをレポートします。

年齢によって、皮脂の分泌が増えたり減ったりするという傾向があるので、
そのポイントを掴んでおくことで、肌トラブルを防ぐことができるかもしれません。

皮脂の分泌量が多い時期:
* 生後3ヶ月まで
* 思春期

より保湿ケアが大切になる時期:
* 生後3ヶ月以上
* 成人後

今回のポイントは、
赤ちゃんもしっかり保湿をしてあげたほうがいい!ということ。
お肌ぷるぷるのイメージがありますが、
実は赤ちゃんのお肌は大人よりも薄いので、刺激に敏感です。
上記の時期を目安に、お肌に変化が見られるようになるとのことなので、
親御さんがしっかりケアしてあげるのが良さそうです。
深野院長によると、
赤ちゃんの頃の保湿ケアが、将来の食物アレルギーの発症率を下げるかもしれない…
という研究もあるというお話しでした。
大人も子供もポイントを押さえて保湿してあげましょう♪

井手美穂