乾燥に負けない肌作り!

『DHC Lifestyle Council』研究員の井手美穂です!
今週は、この季節に気になる”乾燥”のお話!
寒くなってきて、湿度がぐっと下がり、
エアコンなどでお部屋の温度調整をしているとお肌がピリっとしてきますよね。

…ということで!
今週は、めぐろ皮膚科クリニックの深野祐子院長に、
『乾燥に負けない肌作り』をテーマにお話を伺いました。

乾燥は、数値で測れない体の変化。
“潤いがない” “白っぽく粉がふいてきた” “パリパリした感覚がある”
など、見た目や肌感覚で感じ取っていますよね。

今回取材に行って一番びっくりしたポイントは、
「皮膚は、体のバリア機能がある一番大きな”臓器”」ということ!
皮膚が”臓器だと言われると、なんだかおろそかにしている気がしてしまいました。

ですが大事なのは、そんな皮膚は健気に私たちを守ってくれているということ!
一番外側で、ラップと同じくらい薄さの皮膚が、
私たちの体に何か悪影響を与えるような物質から守ってくれているのです。
そのために必要なのが”潤い”なんだそう。
“お肌が潤っている=バリア機能がしっかり働く”
ということになるんだとか。

私たちの体の一番前衛で体を守ってくれている肌。
保湿でしっかりと潤いを保って、バリア機能もキープしたいですね!

井手美穂