竹仲絵里×岸紅子・ワーキングママ対談

DHC Lifestyle Council プロデューサーの國澤恵理子です。
今週は日本ホリスティックビューティ協会代表理事、
岸紅子さんをゲストにお迎えしています。

岸さんは美容ライター、美容アナリストとして活動したのち、
2006年にNPO法人日本ホリスティックビューティ協会を設立。
女性の心と体のセルフケアの普及につとめていらっしゃいます。

岸さんは一児の母。
生まれたときから重度のアレルギーを持つ9歳の娘さんとの奮闘を経て、
病気とどう向き合うのか、家族とどう向き合うのか、
自分自身どう生きていくのかを綴った本を出版されました。

仕事と子育ての両立、岸さんはどのように考えているのでしょうか。
お子さんを保育園に預けているあいだに、いかに仕事をこなすかの毎日!
でもそこから溢れてしまう仕事もあるので、子供を寝かしつけてから
深夜にパソコンに向かう…そんな日々を続けていたそうです。
きっとこれは多くのママたちが同じような経験をしているのでしょうね。

大変な日々を続けていくうちに、岸さんは
「人の手を借りよう」と言う気持ちになったといいます。
時にプロの手を借りること、家族や友達、近所の方の力を借りることも、
いいんじゃないか!そう考えることで、すごく楽になったそうです。

仕事をしていると、子供と過ごす時間も減ってきますよね。
岸さんの母親も働くママだったそうで、
子供ながらに淋しいと思ったこともあったそうです。
でも岸さんの母は、常々
「長くいることが愛情ではない。一緒にいる時間にどれだけ向き合うかが愛情」
と言っていたとか。向き合い方、愛の伝え方が大切だと教えられたといいます。
母となった今、「どれだけ愛しているかをきちんと言葉で伝える」
これを心がけているそうです。

昨日発売された岸さんの新書
「アレルギーっ子ママが気づいた〝親子のハッピーチョイス!″」
この本には、子供との向き合い方、コミュニケーションの取り方、
子供自身の自己肯定をどのように育んでいくのか…など、
子育てのありかた、家族のありかたなども綴られています。
ぜひ多くのママたち、パパたちに読んでいただきたい一冊です。

國澤恵理子