季節や天候の変化をキャッチしよう!

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
今週は『肌質って様々!肌質に合ったスキンケア』というテーマで、
あやクリニック 歯科・皮膚科村上亜矢子先生にお話を伺ってお送りしています。

今日は「季節や天候の変化をキャッチしよう!」というお話です。

ポイントは、”紫外線”と”天候の変化“。

紫外線の強弱:紫外線が強いのは”夏”、”晴れた日”というイメージが強いですが、
曇りの日も紫外線は届きますし、木陰にいても照り返しなどで紫外線を受けている場合も…。
肌がヒリヒリする状態は、お肌のダメージのサイン。
いつもの通りお風呂に入ったり、スキンケアをしているときに
ヒリヒリと感じたら、紫外線を浴びたという証拠かもしれません。
少し肌を冷やしたり、保湿をしたりケアに力を入れましょう。

急な天候の変化:季節の変化や気温の変化
春→夏 / 夏→秋 など、季節の変化ももちろんですが、
「今週は突然ぐっと冷え込みます」といった気温の変化をチェックすることが大事。
気温や湿度の変化は肌ストレスに直結するのだとか…。
天気や気温の大きな変化は、体調管理も大切ですが、お肌の管理も大事!です。

特に暖かい季節から肌寒い季節へと移行していくこの時期は、
お肌が乾燥していないかチェックしてあげることが大切です。
いつもよりしっかり化粧水をつけたり、乳液をつけ忘れないようにしたり、
クリームをプラスしたり…それぞれ工夫してみてくださいね♪

井手美穂