年齢の変化と肌質の変化をキャッチしよう!

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
こんにちは〜。10月に入って肌寒くなってきましたね。
一年の中で秋が一番、肌ストレスが大きい時期と言われているのを聞いたことがありますか?
今週は、そんな秋のスキンケアについて!
あやクリニック歯科・皮ふ科村上亜矢子先生にお話を伺っています。

今日は「年齢の変化と肌質の変化をキャッチしよう!」というお話。
女性の場合は特に、女性ホルモンの分泌の変化によって肌質が変わってきます。
大きく年代別にその変化についてお話すると…

思春期は女性ホルモンの分泌が不安定なため、肌荒れしやすい時期。
皮脂量も多い時期なので、ニキビはある程度仕方ないと考えましょう。
ニキビは触ってこじらせない!
落ち着く時期がくるまでひどくならないようにケアすることを心がけましょう。

20代〜40代に進むにつれて・・・
皮脂量がだんだん減っていき、徐々に乾燥しやすい肌質になっていきます。
「肌が乾燥しやすくなった・・・?」と思ったら、自分のスキンケアを考え直すチャンス!
自分が使っているスキンケアグッズを見直すと良さそうです。

ホルモンバランス、分泌量が年齢によって変化することは必然。
その変化をキャッチして、受け止めて、スキンケアの方法も変えていきましょうね。
そして、ニキビ肌で悩むお子さんを持つお父さん、お母さん。
お子さんはニキビが気になってしょうがなくて、いっぱい悩んでしまうかもしれません。
「大丈夫、きっと良くなる時期がくるから、ひどくしないようにケアしようね。」
と、声をかけてあげてください。

井手美穂