スマホで食べ物を撮る時のポイント!

皆さんこんにちは!DHC Lifestyle Council、研究員の吉田紗綾です。
今週は「スマホ写真の上手な撮り方」をテーマに、
カメラマンの北川浩太郎さんにお話を伺いました。

実は北川さんはカメラマンだけでなく、シチリア料理のシェフでもいらっしゃいます。
先日この番組の食事会でおいしい料理をいただいちゃいました~!
味はもちろんのことですが、北川さんはお皿にもこだわっていて、
見た目もすべて楽しめる、素敵なお料理でした!
私たち研究員もその料理のおいしさ、美しさを写真に収めようと試みたのですが…
これがなかなか難しいんですよね~。

ということで今日は「食べ物を撮る時のポイント」について教えていただきました!

おいしそうに見える位置ってあるのかな?という疑問については、
昨日も紹介した、スマホの『グリッド表示』、そして『三分割法』これが使えます。
中心から上下に少しずらしてみると、少しおしゃれな雰囲気を演出できるそうです。

おいしそうに見える角度も悩みますよね。真上からお皿全体を撮ってみたり、
素材の一部に寄って撮ってみたりしますが、その好みは十人十色。
自分がこれだ!と思える角度を探して、楽しんでもらいたいとのことです。
初心者向けには、素材によって撮る方法がおススメ。
なぜなら画面いっぱいに被写体があるので、余白部分、背景を考えなくてよいからです。
慣れてきたら引いて撮ってみて、背景とのバランスなど、
構図を意識して撮ってみるのが良いそうです。

そして『シズル感』という言葉、皆さん聞いたことはありますか?
私は初めて知ったのですが、『シズル感』とは、
食べ物をよりおいしそうに感じる表現、のことだそうです。
例えば、料理の湯気や、肉や魚のツヤ感、そして赤や黄など鮮やかな野菜の色が
本物さながらに写し出された、思わずよだれが垂れてしまうような写真、ありますよね。
これが『シズル感のある写真』です。
これをうまく撮るには、出来立てをすぐに撮ること!
出来立ては料理の湯気が立っていて本当においしそうですよね。
その瞬間を見逃さず、すぐに写真に収め、そしてすぐに食べましょう!
料理は出来立てが一番見栄えが良く、そしておいしいですからね。

最後のポイントは、『写真に動きを出してみる』こと。
料理にフォークを添えてみたり、ナイフでまさにお肉を切っているところを
撮るのも良いかもしれません。そうすることで、写真の中に動きが生まれ、
見る人にストーリーを感じさせることもできます。

一味違った写真を撮るためにも、ぜひ試してみてくださいね。
明日は「風景を撮る時のポイント」について伺います。
(写真:北川浩太郎)

吉田紗綾