ガールズトーク2日目!~美容編~

こんにちは!DHC Lifestyle Council 研究員の上野紋です。
今週は放送500回記念スペシャル!研究員総出演でお送りしています。
福岡在住組の私は、火曜の放送に電話で参加しました。
テーマは「キレイのためにしていること 美容編」です。
世代も興味もさまざまな出演者一同ですが、紹介した取り組みもさまざまでしたね。

吉田紗綾さんは「どんなに疲れて帰ってもメイクはしっかり落として寝る!」
昔はメイクを落とさず寝ることがあったのでそろそろちゃんとしなきゃ…と、
気をつけているそうです。世代問わず永遠の基本ですね。
たまに忘れるんですけどね…(反省)

井出美穂さんの美容法は、整体。ラジオの制作という仕事柄、持ち物が多くて重いため、
肩こりや背中の張りに悩まされていたそう。このままじゃ身体がかわいそう、
と2週に1回は整体に通って、チェックしてもらっているそうです。

宮瀬真理子さんは、化粧や髪のカラーなど「上から足す」美容から、
素肌のコンディションを整えたり頭皮ケアをしたりと、
身体の内側からキレイを心がけるようになったそう。
土台を固めることの大切さが身にしみます。

私は3年近く通っているピラティスです。リハビリの手法として生まれたため、
骨盤や肋骨、細かい筋肉といった身体の内側について知ることができます。
エクササイズの側面もあるものの激しい動きというより身体の中の地味な動作で、
息の吸い方や姿勢に意識を向けるきっかけができました!

竹仲絵里さんは、化粧は絶対に落として寝ることを、20代から心がけて続けてきたそう。
またメイクにしても、メイクのりの良さが楽しくて盛りだくさんにしていた20代を経た今、
いかに引き算するかを心がけているそうです。
引き算って難しいですよね。でもできるようになりたい!

柴田幸子さんは、栄養面を特に意識しているそう。朝から野菜をしっかり摂る、
緑のものや栄養価の高いものを1日のうちに必ず1食、タンパク質など、
身体を作る栄養素を意識した食事は内側からのキレイに繋がりますね。

それぞれの美容法を聞いていると、自分にも当てはまることばかり。参考になりました。
明日は「キレイのためにしていること 運動編」です!
福岡からは、柳原亜希子さんが電話で登場しますよ。
どうぞお楽しみに♪

上野紋