竹仲絵里×ジルデコchihiRo アーティスト対談

DHC Lifestyle Council プロデューサーの國澤恵理子です。
今週はJiLL-Decoy associationのボーカル、chihiRoさんをゲストにお迎えしています。

JiLL-Decoy association(ジルデコ)は2002年、
chihiRo(Vo) kubota(G) towada(Ds)の三人で結成されたユニット。
ジャズ、ポップス、ロックをベースにしたオリジナリティあふれる楽曲と
高い演奏力でファンを増やしています。

昨日はママとしてのお話を伺いましたが、chihiRoさん自身はどんな子供だったのでしょう。
chihiRoさんは〝すぐ自分の世界に入っていく子″だったそうです。
自分の世界に没頭するタイプで、思い立ったら食事中でも自分の部屋にこもって
何かを作ってみたり、工場見学をしていても気が付くと周りに誰もいなくなっていたり。
そして仕切り屋!なんでも自分でやりたいと思い、アイデアもどんどん湧いてきたそうです。
今もあの頃みたいにアイデアの泉だったらいいのに…と笑いながら話していました。

歌手になりたいと思ったのは3歳の頃。
小公女セーラの主題歌「花のささやき」が大好きで、鼻の頭がツンとなるせつない曲なのに、
歌っている自分はものすごく上手なんじゃないかと思えた曲なんだそうです。
3歳の頃からずっと歌手になりたいと思っていたけれど、
可愛くて特別な人しかなれないんだ…と子供ながらに思っていたとか。

そんなchihiRoさんのデビューのきっかけは「仮歌のバイト」
ちょっとでも歌うきっかけがあればと思い、デモテープを知り合いの
エンジニアさんに渡したところ、それが音楽プロデューサーのJin Nakamuraさんに渡り、
デビューにつながったそうです。
「どこにチャンスが転がっているかわからないよね~」とchihiRoさん。

ジルデコは今日8/1、New Album「ジルデコ8〜Golden Ratio〜」をリリース♪
様々なアーティストとのコラボレーション・アルバム。
16年目を迎えたジルデコの世界、ぜひみなさんも味わってみてください。

國澤恵理子