化粧崩れなんか怖くない!夏メイクのポイント

みなさん初めまして!DHC Lifestyle Council 研究員の仲間入りをしました、吉田紗綾です♪

研究員の中では最年少ということで、20代を代表し、これから30代40代を美しく
元気に迎えるために、皆さんと一緒に学んでいきたいと思っています♪

竹仲さんと先日初めてお会いしたのですが、本当に綺麗で優しくて…
実は私自身、大学でクラシックの歌を学んできたので、
ジャンルは違えど竹仲さんのこと、心から憧れています!!
これから先輩研究員の皆さんのように様々な情報を上手に伝えられるよう
頑張っていきますので、よろしくお願いします。

さて、私の初取材のテーマは【化粧崩れなんか怖くない!夏メイクのポイント】
ヘアーメイクアップアーティストの長井かおりさんにお話を伺ってきました。
長井さん、見とれてしまうほどお肌がお綺麗でした!

夏の大敵はやはり紫外線
紫外線はお肌にとって大敵!やっぱりシミの原因になるんですよね。
さらにシワやたるみ、乾燥の原因にもなりうるということでした。
お肌にとって様々なトラブルを引き起こしてしまうものなんですね。

私は昔からとっても日焼けをしやすいので、人一倍気をつけて紫外線をブロックするべく
日焼け止めを塗るのですが、それによって顔がテカってしまうし、
汗もかいてメイクは崩れるし…夏のメイクってなんだか憂鬱でした。

夏はの他にも、皮脂が過剰に分泌されることによって、
また湿度が高いことによって他の季節よりもさらにメイク崩れが起きやすいということです。
でも諦めないで!長井さんは「その対策も様々な方面からアプローチできる!」
と力強くおっしゃってくれました。

メイク崩れをしにくい化粧品に変えてみるのも1つの方法ですが、
その使い方を正しく知っておくことも大切です。
一番大切なのは「保湿をすること、潤いを保つこと」
ベースメイクで化粧水やクリーム、さらに日焼け止め、といろんなものを塗って
ベタベタするから量を少なくする、というのはよくないそうです。
お肌の潤いバランスを整えると、メイク崩れが避けられるんですね!

明日はそのベースメイクのポイントについて詳しく伺っていきます。

吉田紗綾