セルフメンテナンスと食事

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
今週は、セルフメンテナンスについて研究しています。
今日は、ホリスティックアドバイザーの土居祥子さんに、
食事に関するポイントを教えていただきました!

“体がだるい”、”疲れが抜けない”と日々感じる方は、

・砂糖の摂取量を減らす
・小麦粉の摂取量を減らす
・食べすぎない

この3点に注意するといいのだとか。
すると、体が軽くなり、次第に疲れづらくなるそうです。
白砂糖の使用量を意識してみましょう!

どんな風にすると日常にこの習慣を取り入れやすいかというと、
「食事の前に果物を摂る」
「朝ごはんを果物に変える」
という方法があるそうです。

土居さん曰く、果物の糖分は、体の中で綺麗に消費されるものなのだとか!
果物の摂りすぎは糖分過多になる…などという説もありますが、
土居さんによると大丈夫とのことなので、安心してたくさん果物をとりましょう!
日本人は果物を摂取する量が少ないそう。
カットフルーツなどを上手に活用していけるといいですね!

井手美穂