耳鳴りってどうして起きるの?

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は様々な耳のトラブルについて宿久耳鼻咽喉科の宿久修院長にお話を伺っていますが、
今日は『耳鳴り』についてです。

実はわたくし、結構『耳鳴り』するんです。私の場合は主に「キーン」という
高い音が鳴るのですが、その他にも音の種類はいろいろあるようですね。

宿久修先生に聞くと、音の種類としては「キーン」「ブーン」「ジー」
といった表現をされる患者さんが多いようです。
本来感じないはずの異常な音を耳が感じ取っているのですが、正常な人でも
完全な無音環境や静かな所では意識すると耳鳴りはするそうで、これは正常の範囲内。
夜寝る時に静かだと耳鳴りがする…という程度であれば気にすることはないそうです。

とは言え、日中あまりに気になってお仕事や家事がはかどらない!など
日常生活に支障をきたす場合は、一度聴力検査など受診してみて下さい。

そもそも、耳鳴りの原因はどこから来るのでしょうか?
加齢に伴う難聴やストレス、寝不足、耳垢が詰まるなど、その原因は様々。

宿久先生のクリニックでは『音響療法』という耳鳴り治療用の補聴器があります。
“サウンドジェネレーター”という器械を耳に装着し、川の流れるような音を
負担にならない音量で耳に聞かせ、耳鳴りを小さく感じさせるという療法です。

耳鳴りが悪化する患者さんは、耳鳴りに対して過剰に意識されている方が多いのだとか。
そこで、こういった補聴器で音を入れる事によって耳鳴りを感じにくくさせる事や、
その他にも音に対する生活改善や気持ちの持ち様などもアドバイスしてくれるそうです。

明日は、耳鳴りも関係しているかも知れない「突発性難聴」についてお話を伺います。