お口のトラブル!かぶせモノ!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今種は「お口のトラブル大丈夫?」と題しまして
あやクリニック歯科皮膚科の歯科医師・吉田亜矢先生にお話しを伺っています。
4日目のテーマは「かぶせモノ」!

銀歯などかぶせ物をしているという方も多いですが、
壊れる事よりも外れてしまうトラブルの方が多いそうです。
接着剤が劣化してしまったり、
噛むことによる力のバランスで外れてしまうこともあるんですって。
かぶせモノをしたから、もう治った!安心!ということではないんですね。

また、かぶせモノの下の歯が虫歯になってしまったり、
歯の根っこの先に炎症が起きてしまってたり、、、様々なトラブルが考えられます。
やはり定期的な検診がとても大切になってくるそうです。
かぶせモノが割れたり、はずれたり、こわれてないかチェックしてもらったり、
歯肉との間に汚れなどがたまっていないか。
また1年に一回くらいはレントゲンを撮った方が良いとのこと。
根っこの先の炎症などはレントゲンでないと分からないそうですよ。

今は銀歯以外に色々最先端なものが出てきていますが、
吉田先生のオススメは見た目がとても自然な白いかぶせモノ「ジルコニアボンド」!
人口ダイアモンドと言われているジルコニアの上に
透明感のあるセラミックをのせたかぶせモノなんだそう。
保険外なんですが、汚れも付きにくいし、
特に前歯のかぶせモノとしてはオススメ!とのことでした。
ただ、、、1本あたりのお値段は10万円くらい!
口が開いちゃいますよね(笑)
なかなか高価なものですが、どうしても!という場合には、
それだけの価値はありそうです。

最終日の明日は【歯並び】について伺います。