ホルモンバランスの乱れって?

DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です。
今週のテーマは【女性ホルモンってなあに?】
お話を伺ったのは「麻布十番 まなみウィメンズクリニック」今井愛先生です。

昨日は女性ホルモンのサイクル、月経周期との関係について伺いました。
女性らしい体づくりをしてくれる「エストロゲン」と
妊娠の準備をする「プロゲステロン」
時期によって増えたり減ったりしながら私たち女性の体に様々な影響を与えています。

通常バランスよく分泌されているホルモンですが、
何らかの原因で分泌が悪くなってしまうと
「ホルモンバランスの乱れ」が起こってしまいます。
そうなると色々な不調が考えられますが、まず起こりやすいのが生理の乱れ。
生理が遅れる、なかなか来ない…
または来ても出血量が多かったり少なかったりということも。
肌荒れなどが起こる場合もあるそうです。

原因として考えられるのはストレスや不規則な生活!
精神的に何か大きなストレスを感じていたり、睡眠不足や食生活の乱れ、
過度なダイエットも要因になります。
妊娠を考えていない女性だと
「ちょっと生理が来ないくらいいいや」と思ってしまう方もいるかもしれません。
少し遅れるくらいならいいですが、来ないまま2,3か月放っておくと、
なんと若い方でも閉経してしまうこともあるそう。
また、もしかしたら卵巣に別の問題がある可能性もあるので、
ただの生理不順と軽く考えずに
おかしいかも?と思ったらクリニックを受診してくださいね。

明日はホルモン検査について伺います。
お楽しみに!

宮世真理子