女性ホルモンって、どんなもの?

DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です。
今週は【女性ホルモンってなあに?】というテーマで
麻布十番 まなみウィメンズクリニック」今井愛先生にお話を伺いました!

”女性ホルモン”という言葉自体は、
女性の美容や健康についての情報の中でよく出てきますよね。
「女性の体にとってとても大切なもの」ということは何となくわかるのですが
実際どんな働きをしているのかというと…実はあんまりよく知らないかも?
ということで今週は女性ホルモンについてしっかり学んでいきたいと思います!

女性ホルモンには【エストロゲン】と【プロゲステロン】という2つのホルモンがあります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさを司るホルモン。
思春期では胸の発育を促したり、お肌や髪の毛をつやつやにしてくれたり、
コラーゲンの生成にも関わったり…と女性らしいの体作りをしてくれます。
他にも骨を丈夫にしたり、脳の働きを活発化させたりと色んな働きをしてくれるそうです。

一方プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠の準備をしてくれるホルモンです。
子宮内膜を柔らかくし、妊娠が起こればそのまま内膜を守ってくれます。
乳腺の発達を助けたり、体温を上げたりという働きもあるんです。

これらのホルモンには分泌のサイクルに関係があるのが月経周期。
一般的に月経周期は28日(約4週間)と言われていますが、その中でそれぞれのホルモンが
たくさん分泌される時期と減少する時期があり、女性の体は変化しているんです。
生理前後って肌が荒れたり、体がむくんだり、気分が下がったり…
かと思えば痩せやすかったり、肌ツヤが良くなったり?何だか忙しいですよね。
そんな変化もホルモンサイクルをしっかりつかめば、上手にコントロール出来るはず!
明日は女性ホルモンと生理の関係について詳しく伺います。
お楽しみに。

宮世真理子