ハイブランドの最新ファッションをチェックするべし!

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週は「2018!今年の春のトレンドファッション」をテーマに
ファッションデザイナーのドン小西さんにお話しを伺っています。

お恥ずかしながら私は、ハイブランドのファッションをチェックして、
自分なりに参考にしたりしているのですが、「それが実は大切」だとドンさん。
ハイブランドは確かに見ごたえもあるし、トレンドの先を行っている、と。

実は今は21世紀の新しいフォルム・価値観を見出している大事な時で、
ハイブランドの中でも物凄い革命があるそうなんですね。
ファッションジャーナリストがファッションショーを見に行くときに期待しているのは
「どれだけビッグな所が、会社を潰すくらいの覚悟で変えてくれるのか」。
やりたいけれど、、、そういう傾向にはあるけれど、、、まだできない。
そんな風に保守的になっているブランドほど気が付いたら取り残されていくという現実。
有名ブランドとダメになっていくブランドの差は
「いかにハチャメチャで、人がビックリするような新しいことが出来るか。」
思い切ったことをすればするほど感覚が研ぎ澄まされている、とみられるそうで、
デザイナーもどんどん変わってきていて、革新を遂げているんですって。

その中でドンさんが「今新しいなぁ」と思うのは、、、
ミラノコレクションで発表している「MSMG」というブランド!
デザイナーはマッシモ・ジョルジェッティという若手だそうで。
とにかくこのブランドが凄い!着方からなにから「何これ!」というような
バランスと色彩感覚なんです。今、1人勝ちの状態なんだそう。
そして、グッチのデザイナーもそういう若手のデザイナーに影響をされている、と。
良く比べてみて下さい。2,3年前のグッチと今のグッチとは
イメージが全く変わっているのはその表れなのです。

そして、私たちもそういうものを見て「私遅れている!ついていけない!」と思うような
「ショック」を感じることが大切なのだそう。
「そのショックこそが今年は本当に大事!」とドンさんは言います。
そこから刺激を受けて、私もやってみよう!と、
自分に合うバランスをどんどん作っていくのが
ズバリ今年のファッション!ということなんですね。

そういう意味では、私たちも新しいファッションにチャレンジするのに、
今年は凄く良い年なのかもしれないです。

ドンさんのような専門家たちが「これを買いなさい!」という物を忠実に取り入れるより、
むしろ自由に、自分なりに、ハッピーに、どんどん好きなものをスーパーミックスしていく!
それこそが今年のファッションを楽しむ一番のポイントなんですね。