花粉症を予防するには?!

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週は、福岡市中央区笹丘にある“はらぐち耳鼻咽喉科クリニック”の
原口正大院長にお話を伺っています。

春は暖かくなってきて気持ちの良い季節ですが、
花粉症と戦っている方には“気分が晴れない”季節です。
私もこの時期になると決まって鼻水や目のかゆみが出てきます。

幸い私は軽い方の花粉症でお薬を飲むまでには至っていませんが、
飲み薬を飲まないと日常生活もままならない…という重い症状の方もいらっしゃいますよね。

花粉症に個人差があるのは、どうしてなのでしょうか??

・遺伝的なアレルギー体質を持っている
・食生活などの日常生活によるもの
・花粉が多く飛んでいる場所に住んでいる

などなど、どうしても“花粉症になりやすい体質”の方はいらっしゃるようです。

では、なるべくひどくならないためにはどうしたらよいのでしょうか?
まずは原始的な予防策として、
・マスクや眼鏡を着用する
・手洗いやうがい、顔を洗う
・外から帰ってきたら衣服に付いた花粉を払い落とす
・花粉が多い日はなるべく外出を避ける

というように、外からの花粉をなるべく家の中に持ち込まない事を意識した上で、
点眼・点鼻といったお薬をこまめに行う事が大切のようです。

それでもお仕事や家事、勉強などに支障を感じてしまうようであれば、
飲み薬の服用が必要になってきます。花粉症の飲み薬には副作用として、
“眠くなる”“集中力の低下”などが挙げられますが、お薬も進化していて、
最近は1日1回タイプや、眠くなりにくいなど、様々なタイプの物があります。
ご自身のライフスタイルに合ったものを選びたいですね。

さらに花粉症予防の1つとして、ある“食べ物”も良いんだとか!
明日はその“食べ物”についてお話を伺っていきます。