生活習慣を見直して、お口のトラブル予防!

DHC Lifestyle Council 研究員の柳原亜希子です。
今週1週間は“お口の乾燥”について、
藤崎駅商店街デンタルクリニックの栁本先生に、原因や予防方法を伺ってきました。

そもそも“ドライマウス”とは、慢性的に唾液が不足すると起こるもの。
日々の生活習慣からも大きな影響を受けているのです。
では、具体的にどの辺を見直せば良いのでしょう?

例えば、『食生活。』

油っこい物や辛い物ばかりを食べていませんか??
刺激物を取りすぎると唾液腺の機能が低下し分泌量を減らすため、
ドライマウスを引き起こしやすいので要注意です。
とはいえ、極端な量が良くないのであって、取りすぎない程度に楽しみましょう。

あとは、『よく噛む事!』
食事の際によく噛んで食べる事で唾液はたくさん出ます。
その他にも、こまめにガムを噛むのも良い方法なのだとか。
栁本先生はいつもガムを噛んでいるそうですよ。

それでも唾液が出にくい…という方には。

『酸っぱい物を想像するー!!』

何とも原始的な方法を…とお思いでしょうが!

レモンや梅干しを想像してみて下さい。ほら、唾液が出てきたでしょう?!…(笑)

先生曰く、冷蔵庫に梅干しなどを入れておくだけでも全然ちがうんだとか。
その匂いを嗅ぐだけで、唾液分泌は促進されるそうです!
もちろん食べるのも良いですし、
毎日酸っぱい物を食べるのはなかなか難しいという方は、この方法にレッツトライ♪です。

最近では現代病とも言われている“ドライマウス”。
「ただ口の中が渇くだけ」と軽く見られがちですが、
放っておけば、厄介な疾患につながる可能性もあります。
身体のトラブルを起こさないためにも、お口の中の環境をしっかり整えましょう!