脱毛後のケア方法を学ぼう!

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
今週は、「正しい脱毛方法を知ろう!」というテーマで1週間お送りしています。
今日は、脱毛後のケア方法について。
脱毛はどうしてもお肌に対する負担が大きいもの…。
上手なケア方法を一緒に研究しましょう!

今週は、日本スキン・エステティック協会 認定講師の
清水京子さんにポイントを伺っています!
ポイントは、大きく分けて5つ!

① 一時的な脱毛、自己処理後は、特に皮膚を清潔に保ちましょう。
脱毛クリームなどの薬剤を使用した場合は、
皮膚に残らないよう丁寧に洗い流しましょう。
処理後直ぐには、細菌感染を起こす可能性がありますので、
プール・海に入るのを避けてください。また、日焼けも1週間位は避けましょう。

② 保湿ケアをしましょう。
脱毛直後の肌は自分が感じている以上に乾燥しますし、刺激に弱いです。
皮膚に刺激の少ないローションやクリームをつけて保湿・保護しましょう。
これからの季節は、衣服やストッキング/タイツとの摩擦で乾燥が進みますので、
乾燥によりかゆみの出る方は、念入りに保湿しましょう。

③ 皮膚トラブルがないかチェックしましょう。
脱毛後は翌日までは、赤みは無いか、かゆみは無いかなど、
肌の状態を確認して適切なケアで肌を整えます。
もし、脱毛後、皮膚に赤みのある場合は、冷やす必要があります。
この場合は、清潔なタオルを水道水で濡らして、冷やしておいたタオルで冷やします。
(保冷剤や氷ですと極端に冷た過ぎるので危険なのだとか!)
赤みが引かない等、いつもと違う時は、皮膚科にご相談されることをお勧めします。

④ 刺激を減らしましょう。
脱毛後は、シャワーの温度は熱すぎないように注意しましょう。
肌に残しておくべき皮脂まで落としてしまい肌トラブルを招いてしまします。
脱毛した所は、石けんは使わず、こすり洗いをするのもやめましょう。
顔は毎日クレンジングと洗顔をしますが、
脱毛後はできるだけ刺激を与えないようにするために、
できればメイクはいつもより軽めにして、クレンジングや洗顔も軽めにすませて
肌を守りましょう。
また、髪の毛が顔に触れて刺激を与えるのも避けた方が良いです。

⑤ 触れるものに気を配りましょう。
寝るときの服装は、化学繊維よりも綿や絹がよく、
寝返りなどで摩擦が起こってもある程度は痒みを防ぐことができます。
敏感肌や乾燥肌の方は、直接皮膚に触れる肌着、下着にも気をつけた方が良いでしょう。

・・・いかがでしょうか?
お肌は思ったより優しくケアしてあげる必要があるので、
普段のスキンケアに加えて、押さえておきたいですね!
これからは乾燥の季節……!より大事になってきます。
脱毛処理をした時には、是非思い出してくださいね。

井手美穂