保湿の前に…角質ケア!

DHC Lifestyle Council 研究員の井手美穂です!
『夏の肌疲れを解消しよう!』というスキンケアウィーク。
今日からは具体的なスキンケアの方法についてお話を伺います。
今週お話を伺っているのは、めぐろ皮膚科クリニックの深野院長です。

「保湿の前にやるべきことがあるんですよ。」という、深野院長。
お肌は毎日毎日 “ターンオーバー“をして生まれ変わっています。
その際に必要なのが”角質ケア”。
保湿をしやすいお肌にしてあげるために、
古い角質を取ってあげるようなケアが必要なんだそうです。

角質のケア、方法を誤ると肌を傷つけてしまうことに直結します。
ここで大事なのが「やりすぎないこと」と「こすらないこと」!
角質の塊を発見するとついついこすったり引っ掻いたりして
すぐにどうにかしたい気持ちになってしまいますが…これは厳禁。
角質ケア用品、ピーリング効果があるものを使った後、
普段のアフターケア(化粧水や乳液、美容液)が染みるようだと、
お肌が傷ついている証拠です。
角質も長い時間をかけて固まっているものなので、
長い目でやさしくケアをしてあげるのがポイント!ですよ。

角質ケアでお肌に水分を入れやすい状態、土壌をしっかり作りましょう!

井手美穂