多くの女性が直面する“更年期障害”

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週は「夏から秋にかけて気を付けたい女性の病気」をテーマに、
順天堂大学医学部附属・順天堂東京江東高齢者医療センター
婦人科助教の坂本愛子先生にお話しを伺っています。
今日注目したのは【更年期障害】。

婦人科に来られる方で何も症状がなくても
「最近、のぼせとかイライラとか関節痛とか、、どうですが?」と聴いてみると
「あります!」と答える方はかなり多いそう。
更年期障害というのは50歳の閉経期の頃に基本的には皆がかかるものですが、
妊娠中のつわりのように同じ現象があっても
ひどく出る人と軽く出る人がいるのだそうです。
ホルモンの値を図ってみて更年期ですね、となっても
それが症状の診断とは一致しないこともありますし、個人差が激しいともいえるんだとか。

症状として一番典型的なのは「ホットフラッシュ」と言われるもの。
聴いたことある方も多いと思いますが、何もきっかけがないのに
急に顔だけが熱くなるような発作のようなもので、
それが一日何回も起きるということなのです。
また、抑圧状態や鬱っぽいもの、眠れない、不安感が襲ってくる、、などの
精神的な症状も起きるとも言われています。
仕方がないんだわ、と諦めないでまずは婦人科で診てもらうこと。
あまりに酷いようなら「ホルモン補充療法」というものが保険適用で出来るので
遠慮なく相談してもらえれば!と先生は話していました。
今まで我慢していたのがバカみたい!という患者さんも中にはいるほど、
効果てきめんな方も沢山いるそうですよ。
ただいくら症状次第の疾患だとはいっても、生理が毎月ある人から
「私最近眠れないのですが更年期障害でしょうか?」と言われても困ってしまうんだとか。
更年期障害とは一般的に「生理不順になってから初めて言われるような概念」ですので、
毎月生理があるような40代前半の人に来られても、
閉経の兆候がないと診断は難しい、、ということでした。

明日も引き続き更年期障害について伺います。