あなたは受けていますか?婦人科検診

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。
今週は【婦人科検診】について、成城松村クリニックの松村圭子院長にお話を伺いました。

婦人科検診とは、子宮筋腫や乳がん、子宮頸がんなど、
女性特有の器官に現れる病気を早期発見するためのとても大切な検査。

ですが、恥ずかしさや痛そうというイメージから
検査に抵抗を感じている女性はとても多いんです。
松村先生のクリニックでも「なるべく検査に行きたくない」という気持ちから
トラブルが起きても我慢してしまい、
状態が悪化してから駆け込んでくる患者さんが少なくないとのこと!

実は私も一度も婦人科検診を受けたことがありません。
何だか痛そうだし、どんなことするかわからないし、
そのうち行けばいいや…なんてつい後回しにしてきたんですよね。
友人や知人に聞いてみても定期的に検査を受けているという人はいませんでした。

そんな婦人科検診、実際にどんな検査をするのか、
女性の病気とはどんなものなのかについて詳しく聞いていきたいと思います!

婦人科検診でやることは、問診、視診、内診、エコー、細胞診など。
おそらく皆さんが一番抵抗を感じているのが「内診」ですよね。
内診では、膣鏡という器具や指を使っておりものの状態や子宮の大きさ、硬さを調べて
子宮筋腫や卵巣の腫れ、感染症の有無なども診察します。

器具や指を入れる・・・と聞くと「痛そう!」と思ってしまいますが、
リラックスして力が抜けていれば痛みを感じることはほぼないそうです。
でも、どんなことをするんだろう?という不安や抵抗感から
どうしても緊張して体に力が入ってしまう方が多いんだそう。
なかなか難しいですがゆっくり深呼吸してリラックス、心がけてみて下さいね。

では、婦人科検診を受けるにあたって気を付けるポイントとは?

まず生理中は避けること。生理中には子宮頸がん検診はできません。
ただし不正出血や生理不順など、何らかのトラブルの場合は診察を受けてOKです。
前日の性交渉もおりものの状態が変わってしまうことがあるため避けましょう。
検査前にお風呂に入る場合、なるべくキレイにしていきたい…と思ってしまいますが
通常の状態が見られなくなるため、膣の中までは洗わないように注意して下さいね。
顔色や爪の色をチェックすることがあるのでメイクやネイルは控えめに、
また服装は下着の着脱がしやすいスカートでいくとスムーズだそうですよ。

明日は婦人科検診の実際の流れについて詳しく伺います。
ぜひお聴きくださいね!

宮世真理子

ぜひお友達にも教えてあげてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする