ドン小西さんオススメの夏ファッションとは?

DHC Lifestyle Council、研究員の柴田幸子です。
今週は「2017!今年の夏のトレンドファッション」をテーマに
ファッションデザイナーのドン小西さんにお話しを伺っていますが、
今日は「ドンさんオススメの夏ファッション」について伺いました。

今週お話しているように、今年のファッションの特徴は
例年より分量がうんと巨大化している!ということ。
そんな中で、ボトムスに色を使うととても今年っぽくなるそうです。
ドンさんに指摘されて気が付いたのですが(笑)
実は柴田もこの日は自然と色を使っていたんですね。
ブルーのオーバーオールを着ていました!(月曜日の写真参照 笑)
だから会った時にパッと新しさを感じたとドンさんに言われて、
何だか嬉しくなっちゃいましたが、、、。
今年は「色を足す」ということを大事にしていきましょう!
ここ数年間で色がどんどん消えてしまっていました。
面白いもので、自分に欠けているもの、
例えば食べ物でも辛い物を食べていたら今度は甘いものが食べたくなりますよね?
それと一緒で、肌で感じながら自分に足りない何かを足していくこと。
今年っぽくするには今年の気分に自分がなるということ。
自分でそういうコーディネートすることによって何かを満たしていくんだそうです。

あとは今年でいうと「オフショルダー」と「ラッパ袖」、
そして「リフォメーション」!
リフォメーションとは、あるものを加工して作りこんだものの事を言います。
さらに注目は「ドロンストリームス」。
これは紐でキュッと絞るもの、スポーツウエアなどに多いですよね。
今年は「アスレジャー」というスタイルに注目が集まっていますが、
これはスポーツウェアとアスリートレジャーを足して生まれたもの。
ドロンストリームスもスポーツウェアから来ているですね
確かに、、、ジャージなども含めてスポーティーなものが増えてきていると
感じる機会も多いんじゃないでしょうか。
その中で代表的なのが「ドロンストリームス」というわけなのです。
ストッパーがついていてキュッと絞めるスタイルのもの。
ワンピースなんかでもウエストに、そして袖にもドロンストリームス。
こういうものが来るそうです。
ただ、その中にもそこにどこかフェミニンさをプラスする。これが今年流なのです!

中でもドンさんが今年一押しなのは、、、「お袖」。間違いなくお袖革命!
それにワイドパンツ!
是非今年はこれらに挑戦してみて下さいね!

ぜひお友達にも教えてあげてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする