ランとの理想的なつきあいかたとは?

DHC Lifestyle Council研究員の柴田幸子です。
今週は、健康的に美しくなるための「RUNのススメ!」をテーマに、
アシックス・ランニングクラブコーチの池田美穂さんにお話を伺っています。
今日は「理想的なランとの付き合い方」ついて伺いました。

池田コーチがこれらランニングを始めるという方に一番お伝えしたいのは
頑張りすぎない!」ということ!
せっかくやる気になってもいきなり毎日走るのはなかなか難しいですよね。
3日坊主でも良いんです。
週に何回走らないといけない、とか、何キロ走らないといけない、とか、、、
ノルマを作ってしまうと楽しさがなくなってしまうので、
気持ちよく終われるような距離や時間で「楽しめる程度で続けてもらいたい」とのこと。

そしてもう1つは「ペースも頑張りすぎないこと!
走るというと、学生時代の持久走大会のような
苦しいイメージをお持ちの方も多いと思うのですが、
本当に人とお喋りできるようなスピードで走るのが良いんだそうですよ。
余裕があるペース。ちょっと走って呼吸が上がってしまうようであれば、
全部走る必要もないんです。
5分走って次の5分は歩いてその次の5分はまた走って、、
まず30分動き続けることから始めてみる。
そして、段々3分歩いて7分走る、、というように走るバランスを増やしていく。
とにかく「がんばりすぎない!」ということをまずは年頭において走ってみて下さい。
だから勿論、自分を甘やかしても良いんです(笑)
走り終わったあとにビールを飲もう!とか、スイーツを食べよう!とか、、
ご褒美を設けて、自分を奮い立たせるのも良いと思いますよ!
また走り終わったあとはご飯が美味しいこと!
私もよく鼻先にニンジンぶら下げながら走ってます(笑)
まずは気軽に初めてみてくださいね。

ぜひお友達にも教えてあげてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする