体幹のあるカラダ/ないカラダ……その違いは?

こんにちは!DHC Lifestyle Council研究員の宮世真理子です。

今週は「体幹トレーニング」について、
体幹トレーニング・パーソナルトレーナーの佐久間健一さんにお話を伺っています。

昨日、”体幹とは体の中心の軸となる筋肉“ということを学びました。
では、体幹のある体と体幹のない体…どう違ってくるのでしょうか?

体幹の筋肉とは、目に見える腹筋や背筋だけでなく
インナーマッスル」といわれる体の内側に隠れた筋肉も含まれます。

体幹のある体は、自然に立った状態で背中が丸まって猫背になったり
下腹がポッコリと出るということがなくキレイな姿勢を保てます。

反対に体幹のない体は、猫背になって頭が前に出てしまったり
腰が反ってお腹を前に突き出してしまったりするのです。

皆さんの姿勢はどうですか?
私はまさに気を抜くと背中が丸まったり、お腹を出して片足重心で立っていたり…
体幹のない体が当てはまりました!

しかし、女性が体を鍛えるうえで心配なのが
「筋肉をつけると腕や脚、お腹がガッチリと太くなってしまうのでは?」ということ。

確かに筋力トレーニングでよくある腹筋や背筋運動をすると、体が太くなることはあります。
ですが体幹トレーニングでは、体をねじったり横に倒したり、
普段使わない筋肉を動かすことで
基礎代謝を上げて細くしながら鍛えることができるんです!

体幹がある体は、キレイな姿勢を保てるだけではなく
代謝が上がることで消費エネルギーが増え、体脂肪も落とせる痩せやすい体でもあるんです!

明日からはさっそく、お家で簡単にできる体幹トレーニングを教えて頂きますよ!
お楽しみに。

来月、サンマーク出版から「体幹リセットダイエット」という本も出版されます!
こちらもぜひチェックしてくださいね。