「春は抜け毛の季節」って、本当ですか?

DHC Lifestyle Council 研究員の宮世真理子です!
今週は「春は抜け毛の季節?」ということで
福岡市天神にある「城西クリニック福岡」の照島雅之院長にお話を伺いました!
皆さんは「春は抜け毛が多くなる」なんて聞いたことありませんか?
実は、他の季節に比べて春が多い!ということはありません

統計によると9月~11月頃の秋の抜け毛が一番多いんだそうです。
ただし、冬から春にかけての「季節の変わり目」というのは
抜け毛に関わる大きなポイントです!
「季節の変わり目」に何が起きるのかというと・・・

まずは気温の変化など、”体をとりまく環境の変化”。
変化を感じると、体の中は「環境を一定にしよう!」と
自律神経に過度のストレスを与えてしまいます。
すると免疫力が弱まって風邪をひきやすくなったり、
肌荒れが起こってしまうのですが
場合によっては抜け毛を引き起こす要因にもなるんです。

そして春といえば就職や転勤など、生活の中での変化も多い時期。
そうした社会的な変化もストレスとなり、
自律神経の乱れから頭皮環境の悪化へと繋がってしまいます。

ちなみに「抜け毛が多い」基準はどれくらいかというと・・・
通常髪の毛が10万本あるといわれていて、
そのうち9万本は伸び続けている”成長期”の髪の毛。
そして残り1万本が成長を終えて抜け落ちるのを待つ”休止期”の髪の毛。
この休止期の髪が一日に大体100本ほど抜け落ちているのです。
100本って意外と多いですよね!
もちろん50本の日もあれば150本の日もありますよ。

ただ一日200本を超えると抜け毛が多いという範囲に入るそうです。
お風呂のあとやドライヤーのあと、どれくらい抜けているか
一度チェックしてみてくださいね!
明日も引き続き、抜け毛のメカニズムを追っていきますよ。お楽しみに!

宮世真理子